【電話の愚痴聞きサービス】愚痴を話すときのコツは?離婚や夫婦の愚痴も発散!

愚痴聞きサービスへ電話!離婚や夫婦問題などの重い内容でも、まとまらない愚痴でも大丈夫

電話の愚痴聞きサービスで、愚痴を聞いてもらえることを知っていますか?「愚痴なんて家族や知り合いに聞いてもらうから大丈夫」という方が多いかもしれません。

知り合いに愚痴を言う際に気を付けたいこと、また夫婦の離婚など重い愚痴にも対応できる電話愚痴聞きサービスについてご紹介します。

あなたの知り合いに愚痴を言うときの注意点

知り合いに愚痴を言うときはここに注意!

愚痴聞きサービスに電話する際には気にする必要はありませんが、家族や知り合いに愚痴を聞いてもらう際には、その後の関係性が悪くならないように注意しなければならないことがあります。

愚痴を聞いてほしいことを伝えてから話し始める

突然よくわからない重い話が始まると、話しかけられた相手は混乱するものです。愚痴を聞いてもらう際には、「愚痴ってもいい?」「少しだけ愚痴を聞いて」と相手の許可を取ってから始めましょう。

「今、話されている内容は愚痴だ」と認識すれば、聴き手になればよいこと、また自分が何か要求されていたり、非難されていたりするわけではないことがわかります。相手も安心して聞く態勢をつくれるでしょう。

愚痴の内容を長くても10分程度にまとめる

「愚痴を聞いてあげる」と言われてお茶や食事に誘われた場合なら、30分でも40分でも話すことも許されるかもしれません。しかし、普段の生活の中で聞いてもらう愚痴は、長いと相手の負担になるものです。

愚痴を聞いてくれる人が理解しやすいように、何に関する愚痴なのか、自分がストレスを感じているのはどこなのかをまず伝えます。理由やいきさつはなるべくコンパクトにまとめて、愚痴の始まりから終わりまでで3~4分程度、長くても10分以内にまとめましょう。

愚痴を聞いてもらったお礼を言い、相手の愚痴も聞いてあげる

愚痴を聞いてくれた相手は、愚痴を聞くために自分の時間を割いてくれたのですから、「聞いてくれてありがとう」「おかげでスッキリした」などの感謝の気持ちを伝えましょう。

愚痴を聞いてもらえて助かったということが伝われば、次回からも気持ちよく愚痴を聞いてくれます。余裕があったら「私もいつでも愚痴を聞くからね」と付け加えると、さらによいでしょう。

離婚や夫婦間の言いづらい愚痴こそ愚痴聞きサービスをご活用ください

離婚や夫婦間の愚痴、電話で相談しませんか?

家族や知り合いに愚痴を聞いてもらう際には、愚痴の内容にも配慮が必要です。

愚痴の内容と利害関係のある人を
話し相手に選ばない

相談や報告であればよいですが、「とにかく聞いてほしいだけ」の愚痴をこぼす際には、その愚痴の中に登場する人物に利害関係のある相手には話さない方がよいでしょう。

例えば夫婦間の愚痴を子どもや両親に話したり、同じプロジェクトチームメンバーの愚痴をチーム内で話したりするとどうなるでしょう。話したことで離婚の際に愚痴の内容を利用されてしまったり、チーム内の人間関係に亀裂が入ってしまったりという危険性があるのです。

家族や知り合いに愚痴を言う際には、なるべく無関係の第三者を選んで話しましょう。

愚痴を聞くことが上手な人を話し相手に選ぶ

いつもお説教をしてくる人や、自分自身のことを話すことが好きな人などに愚痴をこぼすと、いつの間にか相手が話し始めてしまってフラストレーションを感じることがあります。気の短い人や愚痴を聞くことが嫌いな人に話すと、愚痴を言ったこと自体をとがめられることもあるかもしれません。

愚痴を聞いてもらう相手は、聞き上手で穏やかな人で、愚痴に対して否定的なイメージを持っていない人を選びましょう。

愚痴を聞いてくれている人の気持ちも大切にする

特に夫婦の離婚問題など重い内容の愚痴は、まとめること自体が大変ですし、聞く側にも負担がかかるものです。

また、愚痴を聞くことが苦にならない人でも、ひととおり愚痴を聞いてくれた後でアドバイスをしてくれたり、自分の考えを教えてくれたりすることもあります。親身になって愚痴を聞いてくれたからこそ助言したくなったということもありますので、素直にうなずいて受け入れましょう。

否定されたように感じたからといって、愚痴を聞いてくれた相手に向かって感情的になることだけは避けたいものです。辛くなったら「聞いてくれてありがとう」と感謝を示し、その場を離れるとよいでしょう。

このように、周囲の人に愚痴を聞いてもらう際には、気を付けたいことや配慮が必要なことがあります。

その点、対価を払う愚痴聞きサービスなら、気を使わずにまとまらない愚痴を整理することもできますし、愚痴の内容に関わりのない人なので安心して話せるでしょう。

電話番号:080-9259-6303

電話の愚痴聞きサービスなら、どのような愚痴も気にせず話せます!

家族や知り合いに愚痴を聞いてもらう際には、愚痴を聞いてほしいことを伝えて了解を得てから話し始め、長くても10分程度にまとめましょう。愚痴の内容と利害関係がない愚痴を聞くことが上手な人を選ぶとよいでしょう。

特に夫婦の離婚問題など重い内容の愚痴は、まとめること自体が大変ですし、聞く側にも負担がかかります。対価を払う愚痴聞きサービスなら、気を使わずにまとまらない愚痴を整理する段階から利用することができます。

また、愚痴の内容に関わりのない人なら、安心して話せますのでおすすめです。話し相手のスマイルでは、愚痴や夫婦の悩み、どのようなご相談も経験豊富なスタッフがお伺いします。ご希望のスタッフへお気軽にご相談ください。

悩み相談・愚痴聞き電話サービス 話し相手のスマイル

名称 話し相手のスマイル
電話番号 080-9259-6303
URL https://www.smile-soudan.com

安心の料金設定

固定電話や携帯電話のかけ放題プランに未加入の場合など、お客様に通話料金が発生する場合は、お申し出頂ければ、こちらからお掛け直し致します
相談料金は10分300円から。1時間お話しても、1,800円です。
ご使用料金の計算は5分単位です。
お振り込み手数料は、お客様にご負担いただいております。
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

ご予約を希望される方は、ご希望のスタッフに、直接、電話かSMSでお願いします。
初めてご利用されるスタッフの場合、サービス開始後に「相性が合わない」と思われましたら、5分以内であれば、サービスを中断し、料金を無料とさせていただきます。遠慮なくスタッフに申し出ください。
・ただし、2名までとさせていただき、5分を超えた場合は、通常のサービス料金とさせていただきます。

代表 伊藤 080-9259-6303
受付時間はスタッフ一覧の備考をご覧ください。

ご利用前に【ご利用規約】のご確認をお願い申し上げます